キャッシングの暗証番号

どのカードでも同じことですが、特にクレジットカードを紛失した際には、デメリットが大きくなります。
まず、ショッピングで思う存分使われてしまうということがあげられます。
最近では、サインレスでお買い物が出来る施設が多くなっておりますが、それが逆に、デメリットとなってしまうのです。
本人確認が明確に行われないまま、ショッピングされてしまうのです。
もちろんショッピングが出来るのがクレジットカードの魅力でもありますが、それに加えてキャッシングもされてしまうというのは、大きなデメリットです。
キャッシングの場合、ショッピングとは異なり暗証番号を入力しないとお金を引き出すことができません。
しかし、暗証番号を類推されやすい番号にしておくと、あっという間にそのセキュリティも突破されてしまうというデメリットもあります。
生年月日や住所、電話番号に連続した数字などは、キャッシングの暗証番号には設定しないようにしましょう。

ショッピング枠現金化

キャッシングの枠はそれほどないから安心、と思うのは禁物です。
最近では、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという手口もあります。
これは、クレジットカードでショッピングをして、その商品を専門の業者に持っていくと、手数料を引かれた現金がもらえるというものです。
実質上、お金を借りているのと同じ扱いになっているのです。
クレジットカードの場合、ショッピング枠がかなり多く設定されているケースが多くなります。
現金化を多くされてしまうというデメリットも、同時に抱えてしまうことになるのです。
カード会社によっては、あまりに不自然な買い物をしていると、決済を保留してくれる会社もあります。
一度に多くの商品を購入したり、いつもとかけ離れた場所でお買い物をしているときなど、こういったときには決済を保留して本人確認をしたりします。
こうなると、実質的にお金を借りることと同じである現金化は、非常にしにくくなるというわけです。