色々なことを参考にします

手軽に利用できるのがウリのキャッシングは、確かに保証人や担保が必要ない点では手軽です。
しかし、実際に申し込んでみると、意外と多くの情報を聞かれることになります。

キャッシングで借りたい金額や、免許証に記載されているような氏名や住所、生年月日、これらは申込みで確認することも当然のことです。
しかし、それだけではなく年収や持ち家があるかどうか、保険の種類なども聞かれます。
申込みの為の本人確認だけなら住所や氏名、生年月日がわかれば十分でしょう。

それ以外の事も細かく聞かれるのは、それが必要な情報だからです。
消費者金融や銀行などのキャッシングを行う業者は、その人がお金を返済する能力があるのかどうかを、これらの情報を参考にして判断します。
それが審査なのです。

例えば、持ち家がある人なら、返済しないように夜逃げをする可能性も低いと判断できます。
独身なら自由に使えるお金が多いと判断できますし、固定電話があれば何かあった時に連絡が取りやすいです。
色々な情報はこういった風に返済する能力を知るための判断材料になるのです。

審査で特に重要な項目とは

ただし、消費者金融の審査がそれ程厳しくないというのは本当です。
例えば持ち家じゃないから審査に通らないというようなことはありません。
キャッシングの審査では特に重要な判断材料があります。
それにさえ引っかからなければ、他の項目はそれ程重要ではありません。

キャッシングにおける返済能力で重要な項目は、過去の返済履歴です。
その人がきちんとお金を返すかどうかは、過去の実績を見るのが一番確実です。
例え年収が高くても、独身で持ち家であっても、過去にキャッシングで借りたお金を返していないとなれば、その人にお金を貸すことは誰であっても躊躇します。
逆に、過去に何度か借入れをしていても、いつも期日にきちんと返している人だとすれば、その人には返済能力があると判断するものです。

過去の返済履歴については、もっとも重要な項目と言えるので、業者側も念入りにチェックをします。
信用情報機関というところに、他社も含めた過去の返済履歴は記録されていて、ここに必ず確認を取ります。
なので、万が一うその報告をした場合でも必ずばれてしまいます。