それ程リスクのないキャッシング

キャッシングを初めて利用する人は二つの事を心配します。
一つは審査が通るかどうか、もう一つは借金が膨れ上がり返済不能にならないかどうかです。

初めての利用であれば、キャッシングの審査はそれ程厳しくはありません。
少額であれば驚くほど簡単に貸してくれます。
また、初めての利用であれば、月々の返済額もそれ程多くありません。
例えば消費者金融で10万円キャッシングをしたとして、1か月でつく利息は1500円程度です。
これが100万円の借入れであれば利息も高額になりますが、消費者金融では初めからそれ程の高額の借入れをすることはほとんどありません。
なので、初めてのキャッシングが元で返済不能になる可能性は実際にはほとんどありません。

しかし、一度利用してしまうと、あまりに簡単にお金が引き出せるがゆえに安易に追加での融資を利用してしまうことがあります。
もう一つ、追加融資ができない場合に、審査が通る別の消費者金融に借入れをしてしまうことがあります。
それが積み重なると返済額が膨れ上がってしまいます。

キャッシングのデメリットを理解する

失敗しない上手な付き合い方のコツは、借入れ件数や追加融資を避けること、これに尽きるということです。
とはいえ、簡単に借り入れ可能という誘惑を断ち切るのは大変です。

キャッシングで追加融資をすることのデメリットをきちんと理解することが大事です。
追加融資をするデメリットは、単純に月々の返済額が大きくなることです。
例えば追加融資をしても、他社での借入れをしても、それだけ月に返済する金額が大きくなります。
実際に返済額が増えたとしても、その時に収入が上がっているというケースは極稀です。
生活の収支が同じまま、返済が大きくなるということのリスクは覚悟しておくべきデメリットです。

それでも安易に借り入れをしてしまうのは、少しの追加融資で返済額が大きく変わるわけではないからです。
繰り返せば大きく上がる返済額も、一度の追加融資で大幅に上がるわけではありません。

キャッシングは便利ですが、デメリットについてもきちんと理解した上で利用しなければいけません。